偶然。

img20051016015414

じょんに、会うのはほんとに、会いたいなあと思うときだから気持ち悪い・・・。
神様、最近なんだか、やさしくないですか?
すてきな偶然が多すぎます。
うれしいです。

おもしろい。傑作

img1B20051013025342
最高傑作。まったく過言ではない。
今世紀はなんとはじまったばっかりだというのに、なんともいいきりたい。少なくとも、私にとっては、ほんとに最高傑作である。
まさに、今話題の映画。チャーリーとチョコレート工場。

心からくだらない。心からおもしろい。
そんなのが私は好き。

初めての体験をした。
おもしろさに感動して、涙がでた。
あのとき映画館で泣いていたのは、きっとわたしだけだ。
私は、嫉妬していたのかもとあとで、思ったりもした。
だって、こんなに、おもしろいこと考えつくのは、私でありたいじゃん。

ほんとに、よかった。
ミスチルの最前列と同じくらい?
すばらしすぎる。

ティムバートンがいけてんのか。
脚本家がいけてんのか。
原作者がいけてんのか。
きっと全部だろう。
奇跡が起きてしまった。

私は、今世紀最大の奇跡に出くわした。
すごい確率だ。
感動したい。
だから芸術っていいなって思える今日このごろ。

掛け値なしのおもしろさに乾杯。

やさしさ

img20051011022527

 

この人ほんとやさしいなあと、本気でこの人物について100回はゆうに超えてると思う。
高校の時は、まだ、そこまで思ってなかった。
日がたつにつれて、この人の人のすごさを知る。
自分がまねできないことを知る。

世界は謎につつまれている。そこから気付く。

img20051003013823昨日気付いた事がいっぱいあった。本を読んだ。それは、遺伝子の本だ。
今となっては推測でしかないが、もしかしたら、絵の話だとはわざといわなかったのかもしれない。しかし、私はこの本を長らく読んでいなかった。
なぜなら、この本には、いろんなモノが付帯していた。
それは、一生かけてもこの本は、とることができない類いのものだ。
かわいそうに。ただ、怖かったのかもしれない。そして、気付いたところで、残念だが、どうしようもできない類いの事だ。そして、走って逃げた時には、背を向けて見えなかった事が、今更になってわかるというこの怖さ、つらさ、それらはしかしながら本の財産となる。
なんだか英語の訳文みたいだ。

今日気付いたことだっていっぱいあった。
エキセントリックだっていい。不満そうな顔をしてたっていい。
外見がださくたっていい。誰かがいう。
多くの事を求めすぎて、
そんな事してる間に、息が詰まる。
たいてい人はそんなかんじで、大事なもんを失うんだろう。
今気付いたって遅いが、だいじなもんだった。
それは、気付いたら終わっている夕日のように。しかし、明日はこない。

そして、280万年前、ネアンデルタール人は、絵をかかなかった為に滅んだ。絵を描かなかっただけだ。新人類との違いは。少なくとも、そうとされている。ホモサピエンスは、絵の描かない種族を滅ぼした。
ただ、それだけだ。
そして私達はその末裔なのだ。

そして、私は、ホモサピエンスらしく絵を描いてく。
そして嘘をついていく。
誰もが寝ているこの時にそれは、きれいな色にかわってく。

でも誰かがいった。
すごく暗い。
暗くて明るい絵。

でもだいたいはそんな感じで、気付いたら、
夕日がまたでてるもんだ。

世界が謎に満ちているのではなく、
ただ、見ようとしなかっただけのことだ。

久我山

img20051002011519

まったく、なんてことだろう。
卑弥呼はいつも、間違った発言をほんとによくするし、
おさぴ~は、歌がうますぎる。
にのみやは冷静な突込みをいれるし、
安藤はボケがとまらない。なんて愛すべき人たちなのか。
まったく・・・。
なんて楽しいんだと毎回
はっとする。そして、発注を受けた。
二ノ宮が雪の絵。
おさぴーが海の絵。どっちから先に、かこうかな。

オサピーそんなにでかくてもいいのかね。新しいタイプの絵をかくよ?
ただ、いい絵をかかなくたっていい。
気持ちがだいじだ。
きもち。