やっと

img20060926051948

今日は、新品の噂の図書館で
卒制の考えをまとめていた。どうにか、形になってきた。

内容をどれだけシンプルにできるかにかかってきてる
気がする。
いつも、つめこみ型だから、むしろ、
なくしていってもつようなものにしないとなあ。

という感じで、
アニメーションの一部。
家の写真。

ハルの初お風呂

img20060924023601

本当にハルくんはかわいいわ~~~。でも、やんちゃすぎて大変だわ~。
まあ、赤ちゃんだから多めに見よう。

今日は一日大掃除をしている。

掃除は、大変だ。でも、卒制やりやすいようにしないとね。
本がおすぎて大変だから売ろうかな~。
捨てるよりいいよなー。

あともういっこ

img20060921053720

いろいろと考えてて

あと、わかったことは、一生懸命やっているときは、その自覚がいっさいない。
全然なにをやっていても足りないように思えるから。
まだだめだとばっかり思う。
そして、いまぐらいに時が過ぎて、3、4ヶ月たって振り返ると、
あのときよりもっとは出来なくて、
ものすごいいっぱいいっぱいだったなあと思う。
でも、そう思えるまでやれるのはなかなかない。
課題ですら、いっぱいいっぱいな気もしてるけど、
切羽詰まったあの感じじゃなかった。
人生かかってないとやっぱだめなのかな。

そんな感じで、一生懸命という言葉に恥じない
行動をとって生きて行きたい気がした。

2006,NY,7th

img1B20060921053415 img1C20060921053415 img20060921053415
くもり、7日目。ついに帰らないとならない日。7時に出なくてはならない。山上さんの荷物もある為、山上さんがカーサービスを呼んでくれた。
グランドセントラルまで行く。
しかし、運転手が道を知らず、はんぱなとこでおろされる。
ニューアーク行きのバス乗り場はどこなのか、英語で聞いたが、
41st と、44sとを聞き間違え、また違う場所へ。
じょに、なぜかキレられながらも、がんばる・・・。
そして、発見。

そして、またもや、きびしいチェックを受けて飛行機へ。
じょが、人相がわるくなきゃとめられないよといっていたくせに、まんまと、
じょだけ止められて、鞄を調べられた。
それを笑いながら写真に撮っていたら、今度は、私が怒られた笑。
too badといっていた。ちょーさいあくってこと?
あははは。

それで、帰った。
飛行機で、ダビンチコードとドリトル?をみて、
ずーっと脳トレの 細菌撲滅をやっていた。
いつまでたってもまさるに勝てない。くやすぃ。
その、まさるに地元の駅まで迎えにきてもらい、
帰った。

ネコのハルちゃんが倍ほどにもおっきくなっていて、うけた。
あかちゃんは成長が早いなあ。

2006,NY,6th

img1B20060921051200 img1C20060921051200 img20060921051200

はーい快晴、6日目。

今日は、早起きしてdia:beaconに行くつもりが、寝坊した上に2人がごねたため、
またもや一人で行く事にした。
山上さんいわく、ここは、本当にいいといっていた。
ちなみに、dia;beaconとは、チェルシーのギャラリーで収集したベスト作品や、大きすぎてここしか置けないようなものを中心においてある美術館だ。

昨日一人で行けた実績があったため、楽勝な気がしていた。
私もだんだん、大人になってきているにちがいない。
実際なんでもひとりでできないといけない年だ。とかいって。
しかしながら、またもや、山上さん情報によると行くには難易度が高いばしょらしかった。
まず、電車で3時間かかる。
そして、乗り場が、電車ごとに違う。
チケットを売る場所もやっかいらしい。
さらに、今日は日曜日。まともにメトロが動いていてくれたらなあ。などと
希望的観測をもっていた。
そんな山上さんが私は気に入っていた。

二人を置き去りにし、遠いので私は急いで家を出た。7時くらいにでたかったのに、でたのは10時過ぎ、そのため、グランドセントラル駅に着いたのは、12時半。
しかも途中、4、5番線がとまっていて、またもや、いやだったのに、グランドゼロの前をあるくことになった。
隣の隣の駅まであるいた。それで、やっとついた。
しかし、グランドセントラルについてからが問題だ。

がんばった。
今日も日本語しかかかれていない、学生証で、2ドルの割引をいただいた。
意外と使えるじゃん。
12時51分発の37番線から出る、Hadoson line に乗り込む事ができた。
途中不安だったので、to beacon?とキチンときいた。
どうやらだいじょうぶらしい。
見知らぬ土地で、うっかりbeacon意外のとこの地図や、
ガイドブックを全部置いてきた私すらも頑張れたことに、
高揚感を覚えながらも、がんがんになぜかミスチルを聞きながら電車は進んだ。
しかも、ハドソン川沿いを走るので本当に気持ちがよかった。
きょうは完全なる快晴だからだ。
おもわず、動画で、ハドソン川をとったり、横に座ってる外人をとったり、
イケてるシートの上に、ホワイトHOLGAをのせて写真をとったり
長距離電車を楽しんだ。
もう、完全に世界の車窓からの、気分だった。
でも、田舎といえども、アメリカなので、居眠りは許されなかった。
だってこわいじゃーん。

そうこうしてるうちについに終点からイッこ前のBeaconに到着。
前に居た日本人に、私はなぜか中国人のふりをしながら、道を聞かれても
ソーリーといい、よこに座っていた外人の後を追った。
彼女は完全にdia:beaconを目指していた。(予想)

beaconは田舎の駅だったけど、きれいに整備されていて、気持ちよかった。
芝生の見える巨大な建物が、坂の下の方に広がった。ありがとう、外人さん!!
建物には不釣り合いな普通のサイズの看板に、dia:beaconとかいてあった。

芝生をの先に、かっこいいたてものがあった。(私は建物にうるさい)
さて、みようと思った瞬間おなかが減っている事に気付いた。
FIJIと、ターキーサンドイッチをかった。
英語のミスで最初、ターキーが注文されてなかった。
でも、レシートで気付いて、頼み、食べた。
なぜか皿には、ジャムが引いてあってその上にサンドイッチがあった。
まあ、味あうけどさ。
あまいよ?

食べ終わり、ついに見に行った。

もう本当に感動した。建物のばか広い感じと、もともと大きな作品が完全に最高の形でマッチしていて、やられた~と思った。
完全に理想の美術館だったからだ。
でも、実はこの建物は、ナビスコのパッケージ印刷工場だったらしい。
それが、この空間なのか!ナビスコってアレでしょ???!!!
アメリカ人のこの空間の完成にこころうたれまくり。

高い白い壁が覆っていて、そのつなぎ目に空がある。
今日は晴天だったので、多分最高の日だったに違いない。
贅沢な時間を過ごせた。

ここにあるだけで、いい作品に見えるかも!って思ったくらい
なんと贅沢な空間の使い方!
もちろん作品の力もすごい。
作品ありきであのくうかんなのか、あの空間に合わせて作品を選んだのか、
わからないが、どちらにしたって、全部が完璧な組み合わせだった。
最初の区画をみただけで、一人でいるのに、
「うわーやられたー」をぼそぼそ連発していた。完全に怪しい人だ。
ここにこないと体感できない感覚だった。
巨大な真っ白な部屋を囲んでウォーホルがあったりとか、
この場所でしかこんなにまで、作品を見せてくれないだろうと思う場所とか。
特に、Richard serra のありえないくらいでかい、作品なんか特にそうだ。
体感する作品だった。見るだけの作品じゃない。
作品の内部に入り込み、今自分がどこにいるのかわからない感覚、
あれはいかなきゃわからない。百聞は一体験に如かずだ。
ここで、展示できたら、思い残す事はないってくらいうらやましかった。
いつの日かbeaconに展示される事を夢見て、
これから作品を作るのもありかもしれない。
そんな、高すぎて、上が見えないような壁を超える夢を見るのもいいかもと思った。

ばか広すぎる為に、またもや、ばれずにこっそり写真をとりまくった。
とくに、私が好きなスクラップみたいにくしゃっとなってる作品がばーっと200mくらいつづいてる場所を見たときは目がくらくらした。
こんなに、一気に見られるなんて!!
やっぱり、1作家のつくる実物の作品をいっぱいみないと理解できない事が多いと気付いた。セラを、作品集で見てよさが伝わるもんかと思う。
どんなに腕のいい写真家でもあの感覚は伝えきれない。

ピカソだって、あんなに、色々やってたなんて、
アメリカにこなきゃわからなかったし誤解したままだった。
立体だって作ってる。そんなの知らなかった。
誰かが教科書にかいた言葉じゃなく、自分の言葉で天才だなとおもった。
自分で感じる事が重要だと思えた。
物より思い出だな。

かつてないほど、美術館を満喫して、一人帰路に着く。
当たり前のようにまた作品集を買う。
電車で読む為といいながらも、完全に金銭感覚が狂っている。
まあいっか。
今日は、デザイン本を買った。

結局6時に、家集合だったのに、明らかに7時半を過ぎていた。
真由子が、田口ランディーを読み終わりそうになっていた。

最後の晩餐だったので、うますぎるFrannysに直行した。
今日は待っている時間にドイツビールを飲んだ。
それと、ガーリックのとオニオンのピザと、サラダを食べた。
相変わらず、水がうまかった(水にうるさい)。
みんな持ち金がなかったので、私のカードで先払いしといた。
チップをテーブルに置いて帰った。

翌日帰るのでテトリスみたいにがっちりとスーツケースにつめこむのに時間がかかり
1時になった。
そして、就寝した。相変わらずでかすぎるキングベッドで。

img2A20060921051200 img2B20060921051200 img2C20060921051200

2006.NY.5th

快晴、5日目。
img1B20060921031022 img1C20060921031022 img20060921031022

今日は山上さんと飲茶に行く約束をしていた。
でも、ブロードウェイのチケットを買いに行きたかったので、先に家を出た。

そのご、約束の時間に大幅に遅れたが(NYは、電車が土日は適当運行になるため)
ものすごくこんでるチャイナタウンを高速歩行で抜け、山上さんが友達に聞いたと言ううまいらしい中華料理を目指した。
あり得ないくらい混んでいた。道が渋谷よりも混んでいた。あり得ない。そして、歩けない。スリにおびえながらも向かった。
そして着くと、多くの中国人がいた。席に着くと、カートで料理を運んでくる女の人が次々と来た。いらないというものならば、即座に、嫌そうな顔をする。なんて、顔にだす民族なんだ!!!!と衝撃を覚えながらも、どんどんたべた。
おいしかった!でも、スピードがすごかった!!!山上さんがおごってくれるのかとおもっていたが、おごってなどくれなかった・・・。アメリカはそうなのかもしれない・・・。

その後、初の自由行動。一人でMOMAのPS1へ!!!
山上さんが勧めてきたのでいった。
山上さんを全面信用していた。実際すごいよかった!!。
でも、ちょっと性についての作品が多すぎたように思う。
だから、MOMAが経営してんのに、
QUEENSというちょっと郊外にはなされているんだなと納得。
そこで、明らかに日本語でしかかかれていない、芸大の学生証で、普通に
STUDENT料金で入った。ウケる。2ドルくらい払った。
建物がマジでよかった。古い学校をなおして使ってるっぽかったが、
至る所がかこよくて写真を撮りたかった。
しかし、入り口で、あやまってフラッシュ撮影をしてしまった私は、もはや、マークされていた・・・。アイムソーリーといった・・・。

そして、おしゃれ街SOHOにいき、ばあちゃんと、さかもっちゃんちにがりがり岩塩を削るやつを買った。前から欲しかったのだ。
そこで、最高にイケテル靴を買いたかったがあいにく2足も買っていたので、もう、トランクに入らない・・。諦める事をしった。
リトルイタリーでは、聖ジェンローナ祭をしており(1年のうち1週間だけの祭り)、そこで、写真をパシャパシャ撮り、待ち合わせの場所へ向かった。
一人でメトロも余裕だった。

そして、STOMPというブロードウェイを見に行った。モップや、蓋で音を出すやつだ。おもしろかったが、途中であきてしまい、軽く、居眠りをしてしまい、37ドルが、20ドル分くらいしか楽しめなかった。悲しい事だ・・。

おなかがすきすぎていたが、エンパイアステートビルに行った。
したで、ピザをひとかけら食べていった。
都庁なんか比にならなかったなあ。
でも都庁はただだもんね。憩いの場。

img2A20060921031022 img2C20060921052158 img2B20060921031022

2006.NY.4th

img1B20060921022511 img20060921022511 img1C20060921022511

大雨、4日目。

さーどんどん、疲れてきました。起きるのも、もう10時過ぎです。
朝ご飯をきちんと食べて、今日は朝から買い物をしに行きました。
相変わらず、アメリカの野菜がうまかった。新鮮だし、負けてない感じのする強い子って感じでした。

そして話題の(うちらの間でだけ)センチュリー21に行ってきました。
しかしながら、うっかりしていた事に、センチュリーは、グランドゼロの真正面なのです。また気持ちが重くなりましたが、センチュリーの建物の壁の内側の活気に打ち消されるように、おとといのような気持ちの沈んだ感じはなかった。
でも、やっぱりちかずくのは怖かった。

といいつつも、大量の買い物をした。靴2足、まさる(弟)のベルト、長袖、キョウコ(母)の化粧品(estee lauder)をかった。朝から(もう昼)重かった。靴の箱がかさばる事に気付き、メトロで、かなぐり捨てた。その間に、扉が閉まるのではないか、うかうかしてられなかったが、走ってゴミ箱に捨てに行った、余裕だった。
そのご、雨も強かったが、コリアンストリートに行った。じょさんは、韓国人なので、韓国語余裕だぜ!!と思ったが、あいつときたら日本人ぶって、ひとかけらも韓国語を話さなかったという始末。塩豚骨スープに、メンと、ごはんのはいっている韓国では定番らしい、見た事ない食べ物を食べた。なかなか美味しかった、さすが、コリアンタウン、キムチが食べ放題だった。あんまからくなくて良かった。

そのご、さかもとさんの為のイケテル万年筆を買いに行った。タイムズスクエアーの近くだった。パリスヒルトンじゃね?って感じのリムジンを発見。盗撮した。

そのご、6時になるのをカフェで時間をつぶし、
(6時からは任意の支払いになる)
ホイットニー美術館へ行った。また、セントラルパークの近くだ。ちょっと大人びた街にホイットニーはあった。
真由子はえ~?ドル札がない~~~~っていって、パニくっていたが、結局1セントではいった。約1円である。あたしは、一応1ドル払っておいた。いくらでもいいのだ。
ホイットニーには、ホッパー作品が数多くあった。momaや、メトロにくらべ少々小さかったが、疲れた私たちが見るのには、ちょうどいいサイズだった。
写真を撮っていたら止められた。
こっそり撮ったのをのせておく。
drawing of lifeという、画集をかった。
私は、かっこいいドローイングの本には目がないのだ。
最近かってしまいそうになる画集の方向性が一緒すぎてウケる。

今日は大雨のなか、移動したので、疲れきって家でごはん。
スープをつくってくれた。
ほんとに、毎日家で食べるときは、トマト味ばっか。
まあいっか。
そしてあいかわらず、素早い就寝。

img2A20060921022511 img2B20060921014941 img2C20060921022511

2006.NY.3rd

img1B20060921014539 img1C20060921014539

メトロポリタン美術館の前のキオスク

メトロポリタン美術館の前のキオスク

雨、3日目。

今日も何度も起きたが、結局9時まで寝ていた。ちょっずつ疲れてきたのか名と言った感じ。キチンと、うまい野菜と、目玉焼きを食べた。朝ご飯を食べるとしゃきっとしていい。ニホンでも食べるべきなのに、どうしても家に居るとぐうたらしてしまう。おそろしいことだ・・。

今日もメトロでマンハッタンにでようとした。しかし、マシーン0243に、20ドルが吸い込まれるという事件が起きた・・。おいおい3000円ダヨ???
ここでひるんでは英会話に通ったという事実がなくと思い、
おばちゃんに文句を言いに行った。しかし、早口で、ムコウが何をいってるかわからない・・。すると救世主が現れた。マイケルジョーダン似の黒人が、普通の速度で、喋ってくれて事態を把握する事ができた。本当にありがとう。ニホンからもお礼をいいたい。ちゃんと、最後に、Thank you so muchといえて良かった。リチャードにも言えていない言葉だった。(英会話最終日の日記参照・・・とかいって)
それで、出口からはいって、メトロポリタン美術館へむかった。広すぎると有名な美術館だ。入口からして既にでかすぎた。

ピンクのバッチをして中に入った。
ひ、ひろすぎでわ!!!???とおもったが、そう思ったときには、既に遅く、3人ともがはぐれるという事件も起きた。しかし、頑張ってみた。
アフリカ館などもおもしろかったが、
今日もやっぱり、モダンアートのとこばっか、見てしまった。写真や、彫刻のほうよりも断然興味を持ってみた。貴族の家具には、むしろ腹立たしさを覚えながらも、自分の家に入りそうもないサイズである事を再認識した。
MOMAは、映像も結構多かったが、メトロポリタンは、映像のところで、天井によく或るサイズの映像のモニターが、横4列たて8列くらいあるうすぐらい部屋があって、そこの下には、ベンチがあり鏡が置いてあり、鏡で天井のモニターの映像をみるという、イカした演出の部屋もあった。デザインって面白いなと思った。改めてデザインの力を感じた。
さいごらへんも、楽器の部屋で迷いストラディバリウス並みに高そうなバイオリンのところで道に迷い、泣きそうになったが、脱出、
結局、10時から3時半くらいまでの長い時間、美術館で堪能した。

その後、行ってみたかったSOHOにいった。
またあるいていると、アップルを発見した。れんが造りのアップルだった。
また今日もメールを返した。すごいです。アップル。
ニホンではえり子の働くAPCなどもあり、おしゃれ街だった。ふと立ち寄った店で、
値段をみると1567どるとかいてあるジャケットが・・・。え・・・・。
16万???????????むしろ17万くらい???
アメリカの税金は8%なのである。

そんな怖い想いをしながら、また帰路に着く。
と、思いきや、SOHOの近くにチャイナタウンがあるので、寄る事にした。
ハーゲンダッツの魅力からにげられず、買い食いをしつつ、夕飯の場所をさがす。
それにしても、びびるぐらい、アイスの量がおおい!!!
肩からかけてたホワイトHOLGAに、チョコがかかりまくった・・・。あわわわわ。
じょとまゆこが大笑いしながら、ティッシュをくれた。
その後、中華料理を食べようと店に入り、Seafood noodlemというものを頼むと出てきたのは、塩スープに、超うまい魚介とありえないくらいまずい、うどんみたいなのがでてきた。うまいけど、まずかった!!!!なんやねん。しかしながら、やはり量が多すぎて結局残した。残すのきらいなんだよ~~~~。
真由子の堅焼きそばがうまいといっていて当たりだった。

そうして、失意のなか、帰路に着いた。

img2A20060921014941 img2B20060921014941 img2C20060921014941

NY,2006 2日目

img1B20060921011404 img1C20060921011404 img20060921011404
くもり、2日目。ジェットラグの関係でなんども、4時半、5時半6時半などに起きたが頑張って寝た。
そして、7時に結局起床し、朝ご飯を食べた。スーパーに寄って昨晩材料を買ってきていたのだ。

そして、早速8時半くらいからNYの象徴をみにいった。自由の女神だ。でも、フェリーをのり間違って、スタテン島にいってしまった。
通学通勤に使われている為、いつお金をはらうのか、びくびくしたが、無料だった。リバティー島にいくのには、10ドルかかるため、スタテン島へフェリーでも十分近いので、写真を船上から撮りまくり、自由の女神との対面は終わった。

その後、やはりいかないとだめだろうとなって、こわかったけど、グランドゼロに行った。まわりをフェンスがおおっていて、9/12だったので、前日に花を手向けた様子が至る所に見られた。フェンスには、無数の花が刺さっていた。気のせいじゃないと思うが、ゼロ付近に行くと、なんだか、苦しくなった。念がこもっている感じがして
胸のところにズ~ンと来る感じだ。当たり前だが、地下のメトロは、閉鎖されていた。しかし、隣の駅まで近かったので、地下道を歩いた。

どうしても行きたかったMOMAにいった。現代美術中心の美術館だ。
知ってる、受験の時に参考にした画家の絵がいっぱいあって、まゆこは、おもしろくないとかなんとか言ってたが、私は、死ぬほど感激した。
だってボナールもあるし、ディーベンコーンもあるし、ディーコンに、ホッパー、カンディンスキー、ラウシェンバーグ(画集買ったし)、更に有名なとこだとウォーホル、モディリアーニ、ピカソ、ゴッホなど、などいつも画集で見ていた人の絵がいっぱいあった。模写の授業の時にすごくいっぱい、聞かれたので、ここぞとばかりに謎を解明した。実物みなきゃわかんないんだよ。すごく思った。写真も撮り放題だったので、気になるのをバンバン撮ってった。たのしすぎた。
そのせいで二人よりもかなり見るのが遅くなってしまった。
私はなんでも人より早いのが好きなのに、そのときばかりはいっこうに気にならなかった。

その後、MOMAのデザインショップで、ラウシェンバーグと、メガネケースを購入。
もはや、金銭感覚はないも同然である。その後、今、はやりの5TH Ave.のH&Mに言って、寒かったのに半袖しかなかったので、黒のセーターを購入。じょは、コートを買っていた。まゆこは、コンチネンタルからぱくってきた毛布を、ショールとしてそのごずっと過ごして行く事になった。自然すぎて、つっこめない感じだった。

そして5THのセントラルパーク近くで、アップルを発見。
迷わず入る。そこで、藤井君などに、メールを返す事ができた。
その事実に、ウケる。世界共通で無料である。

そして、こじゃれたスーパーで、パスタなどを買っていって家でつくって食べた。
みんな疲れきっていたためか、10時に、即就寝。

NY,2006

img20060921004523 img1B20060921004523 img1C20060921004523

前日にまゆこと、じょと、両方とけんかをした私だったが、さりげなく、メールで謝る。まさか、一緒に旅行にいくふたりと別々にけんかをするという大惨事だったが、
まるくおさまり完了。

しかし、出発はあいにくの雨。
私は、傘を意地でも持って行きたくなかったため、
雨にぬれながら、ヨドバシカメラへ。
ソニーのフォトストレージを買った。
父が買ってくれると言ってたのだが、わすれていたためだ。
そのおかげで、気にせず写真が撮れる。
箱を日暮里でかなぐり捨て、電車へ乗る。

そして、成田空港に着くと、
行き先がニューヨークではなくニューアークである事が判明。
私は一体どこへいくのだろうと、不安が広がる。
そして、2度もの厳しいチェックをうけ、飛行機へ。
コンチネンタル008便だ。14時間10分のフライトへ。
やべえ、遠い・・・。
お尻が非常に痛かった。泣
そして、ペットボトルが持って行けないため、喉が渇いた・・・。
おそろしくまずい、あんかけ、ご飯などを機内食で食べ
そして、デザート、クッキー(なんでやねんと思った)
いつものようにiPodをがんがんに聞きながら、
NewArk Liberty national airportに到着。

そして、リムジンバスへ。早速英語がなかなか聞き取れてご満悦。
そのご、グランドセントラル駅から、タクシーで山上さん宅へ。
完全に道に迷う。そして、意外とお金が安かった。一人5ドルで着いた。
ずっと、道で待っていた。山上さんというあったことのない人を・…・・。
そして、治安の悪い道で待つ事20分ばかし。
山上さんが現れる。テキスタイルデザイナーらしい。
基本的に天然っぽい感じだ。
なんだか、好感をもった。
家に着くと、イケテル217番地で、フラットブッシュとグランドアーミーの交差点から近く、迷っていた事が馬鹿みたいだった。
ヨーロッパのような町並みに一同感動する。
そして、さすが、テキスタイルなだけあって、壁にイケテル布が掛けてあった。
是非、私もあんな布が欲しいと思った。
早速夕飯を食べにブルックリンへでかける。
大体午後8時くらいになっていた。
山上さんに聞くと、Fのつく、ピザやがうまいとのこと。
完璧に覚えていないあたり、完璧にゲー術系だなと思った。
Flannyという釜でやいてるピザやで、おそろしくうまいピザを食べて、帰った。
最高だった。初日だから、調子にのって、チップを払い過ぎ、後に後悔することになる・・・。あーあ。