まさるとはやととさよならと

img20070322054356
今日から大が、友達と旅行にいく。楽しみすぎて眠れないそうだ。かわいいやつだ。ハルには負けるが。
そして、おばかなはやと。ばかなくせに、人にばかばか言う、けんかも。もう、最後かなとおもいながらしてるうちに、なんだか、かわいくなってきて結局笑ってしまった。弟は、普段別にかわいくなんかないけど、なんだか、みた事或る光景だったりとか、
本当にばかみたいに子供で、ばかみたいに頼ってるはやとをみてると、こんな何にもできないただのかわいいやつにしたのは、自分なのかなあと思いながらも、
やっぱり、時間に区切りがつくと何でもない事が貴重で、貴重すぎて、それに、そう思いすぎて、なんだか悲しくなってしまった。そんな気分のときに、人見知りがはげしくて、家で、いつもお笑いばっかりみて真夜中に、音をイヤホンできいてるもんだから、笑い声がけらけら響くけど、楽しみで眠れないとか言うから、つい、お小遣いとかあげちゃって。しかも、大はすごく喜んで、しまいには、封筒に日付と、金額を書いて、満面の笑みで、さいふにそれをしまっていた。なんてかわいいやつだろう。

ちなみにはやとはけんかして、いつもかばってくれる大に怒られて、
真夜中に飛び出したきり帰ってこないが、心配ないだろう。
いつもこうたの家に行ってるから、きっともんだいない。

むかつきつつもiPodに、新しい曲をいれといてやった。
だってやっぱり、腹はたってもはやとはかわいいんだった。

展覧会終了しました

img1B20070312051335 img1C20070312051335 img20070312051335

みなさま、こんばんは。
今日はコテンコテンの最終日でした。
なんだか、最終日という事もあって、大盛況で終了できました。
誠にありがとうございました。早速、最新作をPICTUREにアップしました。
今回は蛍光色の絵が多かったので、色合わせに限界をかんじましたねえ。
完全に、パソコンで見ると色が違います。
蛍光色は再現できないですからねえ。
NISSHAさんなら、ちゃんとできるんですかねえ。ほんとに気になります。

木川さん(画廊オーナー)ともかなり仲良くなり、もう当分会えない事に寂しさを
おぼえました。さみしいものです。初日は遅刻してこれからどうなるんだと思いましたが、搬出も手伝っていただき、本当に助かりました。

ギャラリーまあるは、本当にいいギャラリーだったので、また、秋にでもやりたいなと思います。すごく好きになってしまいました。

阪本のお父さんは、今回が初展覧会。
実は、版画をはじめてから間もないのに、
欲しい作品がありました。
作品交換しますかね。
しかしながら、住まいが京都なので、どうなるものやら・・・。

さて、休む間もなく、これから、引っ越し準備や諸々があるので大変です。
私に安息はおとずれるのか・・・。
大学の二次試験の監督もしなければならないですからねえ。

そんなわけで、卒業してもずっと絵をかこうと思います。
しかも、コンスタントにすごい枚数描いていきたいです。

サプライズ送別会

untitled img20070320020105

昨日、あ、もうおとといか。
あすかさんと昼を食べる約束をしていたので、高田馬場へいってみると
つれていかれたイタリア料理屋にみんながいた。
なんていう感動だろう。
サプライズ・・・・安藤がばらしちゃったけど、
本当にうれしかった。
疲れきっていた身も心も瞬間的にリフレッシュされた。
なんて素晴らしいの。友達って!!!感動の瞬間である。

明日香さんは、明日の香とかく名前だからって、私の明日をいつだって気にしてくれる。しんどくて、もうギブアップって時にはあすかさんがいる。
植松なんて、いつだっている(笑)

もう、何回思ったかわからないけど、
久我山に行って本当に良かったって思った。

お花も、ライトもペンも、持ってくから。京都に。
ありがとう。みんな。割タも紅茶ありがとう笑
卑弥呼はコップをおとしたね笑

相変わらずのみんなへ。
ありがとう。

展覧会初日

img20070305002305

今日は初日でいきなり遅刻をして大いに怒られた。
大人になってからでも、人は怒られるものだ。
怒らない人が怒っていた。
こわかった。イタリア料理屋で、アヤドチエさんに会って、
関西の空気が流れすぎてた。すごい好きな歌手なので、心から嬉しさを覚えた。
息子がただの外人だった。
かっこいい。

そして、今日、家に帰ると、
卒制を手直しした。
改めて、自分の作品いいじゃんと思えて、そのことに感動・・・。
でも、それは、もちろん音楽の力も有ると思う。
改めて、中村さんの曲に感動素晴らしいんじゃないか。とおもった。
自画自賛のオンパレードだが、
私は、いつも、自分の作品に、及第点はあげられなくて、いつでも、自分で何か物足りなさを感じていたけど、今回は、ちゃんと、気になる所は、時間をかけてなおして、今できるベストをつくせた気がする。
そういうのが、作品作りで、一番大切な事だったんだと思う。
これからもそういう事は少ないかもしれないが、
いつでも、自分に厳しくいきたい。

そして、話が変わるんだけど、
こないだ、うちのうらが、アスファルトの張り替えをしていて、
気づいたら
地面が
土になっていた。
今更のように、ちゃんと土のじめんが有ったんだって気づいた。
そこを歩いてみたら、足の感触が柔らかくて、
改めて、便利さの下には犠牲になっているものが数多いんじゃないかって
思って、なんだか、心が痛んだ。