安淵眼科でレーシックを受けた話

そんな訳でレーシックを受けてみた。退職ハイになってるいましかないとなって行ったが、かなりなことだったので記しておく。

前の日に手術の時間が連絡される。
午後だとわかる。

すぐに名前を呼ばれてロッカーに荷物を入れる。手術着を着る。帽子と前掛け。

そんで手術室の前で待つ。
この時点で恐怖が8割楽しみが2割。しかし圧倒的に恐怖感が強い。

部屋の中に入りなさいよと名前が呼ばれる。このとき、生年月日と名前を呼ばれてうなづいた以降うなづいたら、終わりだと言われる。レーザーずれるから。

台に座らされる。ボールを両手に握らされる。恐怖すぎたら、これを強く握れとのこと。
まず、フラップをつくるために、目に何かをはめられ、すごく押される。
かなりの恐怖。動いたら死ぬという恐怖と闘う。

ずっと緑の点を見なさいと言われるんだけど、途中でなんども目に薬をさされるので、ぼやついてかなり見えない。その中の中心を見なくてはならない。中心を探す。という恐怖体験。真ん中の光なんて見えない。

そして台が移動して、かなり、近くに上の装置がせまってくる。殺られると思ったりする。この過程で、アレなんか光が超はっきり見えるんですけど。となったりする。

そのあと、フラップを戻すのだが、このときに目の上を平らにならすために、はけみたいなのでら目をならされたりする。全て見えているという恐怖。

とにかく全部こわい。

終わったから出なさいよと言われるんだけど、でて椅子にすわって休憩してると、目があかない。何かの魔法できっとあかないんだってくらいあかない。

なんかまた点眼されて、保護メガネしてから受付へ。
ぼやっとしてほぼしかいはいつもの裸眼。

まぶしくて目が開けてられませんとか言ってる若者とすれちがい、さらにびびる。

そんな状況で電車で帰る。嘘みたいにめがあかない。

まだ帰宅したら4時くらいだったけど、布団でずっと寝てた。目を開けるのがこわかったのである。

ふぅ。
お母さんが家に来てて良かったし。と思った長い1日であった。

広告

ついに明日は最終出社日@京都

ついに8年勤めた会社を辞める日がきた。新しい一歩だなー。
みんなが惜しんでくれたりするけれど、私はこれから何をやるのかよくわからないままに、おもしろいことをやることだけ決めて東京に行く。
日本の未来をつくっていく。
なーんつってな。

明日会社で泣いたりしないといいな、大人だからなあ。
DVDをもらったとき泣いたけど、一番泣きそうになったのはやっぱり同期の会だったな。

ミステリーツアー

長らく働いた会社を辞めるので後輩たちが企画してくれた旅行をしてきた。
伊丹空港をでて、大分空港に着いたので、てっきり湯布院かと思ったらレンタカーで熊本県までいった。
黒川温泉だった。やったことのない湯巡りをして、風呂は1日に一回で良いなと思った。あ、でも湯巡りは良かったんだけど。
そのあと行ったことないと思ってた鹿児島の桜島に行った。噴火していて、鹿児島の市内は、灰にあふれていた。火山灰だ。かき氷のむじゃきにいって、しろくま食べたりフェリーに乗ったりたのしかったなー

DSC07054.JPG