請け負う会社と自分で創り出す会社

その二社には違った大変さがあると気づいた。請け負う会社は必ず依頼してきた会社からお金がもらえるが、その会社のいいなりになりやすい。納期も必ず決まっている。ずらせるかは営業の腕次第だ。
一方で、創り出す会社は、お金が手に入るかどうかはほぼ賭けである。我が社がそうだ。誰の言いなりにもならない自分で創り出す会社は、絶えず新しい企画を考えることを要求される。
もしそれでその商品やサービスが売れれば請け負う会社の比にならないくらい儲かる。
もし失敗すれば驚くくらいお金が泡と消える。

それでも、新しく創り出す会社でやっぱり働きたいと思う。人々を幸せにする可能性が大きいと思う。

美術館に関する考察

マイベスト美術館は間違いなく、dia beacon@NY。横田はちゃんと教えたらいったからすごいなと思う。何事も吸収してやろうというブラックホールみたいなところがある。見習うべきところである。
美術品の来歴という本ででてきたワシントンの美術館に次は行きたいなと思っている。アメリカは歴史がないと嘆きも幾分かあるが、アメリカは一時期お金にものを言わせて世界の美術品を買った時期がある。フランスのナポレオンと一緒だ。だから世界の宝がアメリカにもある。
ロシア自体に全く興味がないのだけど、ロシアの美術館で行ってみたいところがある。50歳くらいになって気が向いたらとかになるかもですけど。
ルーブル美術館は、まず入口だけでもテンションがあがってしまった。三角のガラスでできた入口。
川口駅の駐輪場にも、似たようなのがあるけど。モナリザが遠すぎて見えなかったりしたけど。世界一の美術館という言葉に嘘はない。
自分の準備ができていたからかなんなのかわからないが、NYのMOMAは特に気に入った美術館の一つ。なぜなら、モダンアートのジャンルを予備校の時にたくさん学んだから。モダンアートの絵ばかり見たり、摸写したりしていた。
摸写すると一番困るのが写真だとどちらの色が上にきてるのか、あるいは下に隠れた色が何色なのかが圧倒的にわかりにくいことだ。その時の答え合わせが、MOMAで出来たからこそ、感動もひとしおだったのかもしれない。
MOMAの分館が離れたところにあるのだが、こちらはあまり好きではなかった。性を表すような作品ばかりが並んでいた。まさかの日本の日本語で描かれた学生証をみせたら格安で中へ入れたのは良かったことの一つだ。建物自体も嫌いじゃないが、作品と作品の感覚が狭くて大学の展示のようだった。
つぎはワシントンかな。ほんとに。

なんにしても言えるのは、私は
アートがどうやら好きなようだ。

魔法の本、Kindle

Kindleは素晴らしい。
私は中学生くらいから、大体本を毎日持つカバンに忍ばせていた。
最近は新作となるとハードカバーで、読みたいのに本が重くてカバンに入れる気がおきずに、困っていた。
いまはそれがいらない。
Kindleをたえずカバンにいれておけばいい。
突然違うジャンルのものが読みたくなったらその場でかえる。3GのKindleではないが、iphone5Sで購入して、デザリングでつなぐ。
どこでも買える。
しかし、父に送ったら使い方がわからずに明らかに持て余していた、、、

あと良いところはもうひとつある。
電車ペーパーなので目がいたくないということ。会社のモニターは目が痛くなるので困っていたところである。

カラーなどにならなくていいよ。Kindle。
すでに十分ステキである。

20140220-074625.jpg

こちらか!

きのうはいつも仕事を一緒にしている、他の会社の人達と20人くらいでカラオケに行った。最初はとてつもなく憂鬱だったけど、ここまで楽しいならほんとすごいや。と思うくらい楽しかった。

<a

20131102-084236.jpg

もやっと

やっぱ人としてなんか作ってないと不安になる事があるんだけど、
最近会社でなんかちゃんと作れていないから、
家で何かやるべきだなあと思ってて、
でも毎日ドラマばっかみてね、
で、何をしようかなあ。

まず自分のHPでもちゃんとつくるかな。
作品の整理したいりとか。
渡さないといけない絵もあるし。
渡さないと。そして描かないと。

作品を作らないとまた次の展覧会の時期がきてしまうからなあ。
ってゆう決意表明でもしようという。ね。