虹の絵を5枚描いている

お世話になったお返しに絵を描いている。まことにかってながら、私がすきな虹の絵を。途中ですけどね。

IMG_7411-0.JPG

広告

美術館に関する考察

マイベスト美術館は間違いなく、dia beacon@NY。横田はちゃんと教えたらいったからすごいなと思う。何事も吸収してやろうというブラックホールみたいなところがある。見習うべきところである。
美術品の来歴という本ででてきたワシントンの美術館に次は行きたいなと思っている。アメリカは歴史がないと嘆きも幾分かあるが、アメリカは一時期お金にものを言わせて世界の美術品を買った時期がある。フランスのナポレオンと一緒だ。だから世界の宝がアメリカにもある。
ロシア自体に全く興味がないのだけど、ロシアの美術館で行ってみたいところがある。50歳くらいになって気が向いたらとかになるかもですけど。
ルーブル美術館は、まず入口だけでもテンションがあがってしまった。三角のガラスでできた入口。
川口駅の駐輪場にも、似たようなのがあるけど。モナリザが遠すぎて見えなかったりしたけど。世界一の美術館という言葉に嘘はない。
自分の準備ができていたからかなんなのかわからないが、NYのMOMAは特に気に入った美術館の一つ。なぜなら、モダンアートのジャンルを予備校の時にたくさん学んだから。モダンアートの絵ばかり見たり、摸写したりしていた。
摸写すると一番困るのが写真だとどちらの色が上にきてるのか、あるいは下に隠れた色が何色なのかが圧倒的にわかりにくいことだ。その時の答え合わせが、MOMAで出来たからこそ、感動もひとしおだったのかもしれない。
MOMAの分館が離れたところにあるのだが、こちらはあまり好きではなかった。性を表すような作品ばかりが並んでいた。まさかの日本の日本語で描かれた学生証をみせたら格安で中へ入れたのは良かったことの一つだ。建物自体も嫌いじゃないが、作品と作品の感覚が狭くて大学の展示のようだった。
つぎはワシントンかな。ほんとに。

なんにしても言えるのは、私は
アートがどうやら好きなようだ。