ショパン

のだめとか、ピアノの森とかで頻繁に目にしてたショパン。
別れの曲ってゆうのがビーバップで紹介されてて、まんまとステキな旋律に魅了されている。

ただのゆったりした曲ではなく、別れの厳しさとか、思い出とかを勝手に感じてる。

ピアノをうっかり買いたい気持ちになっちゃった。誰かの家で練習したいなぁ。

現実にあるものに憧れてしまうような、架空のものをつくる自分の仕事だけど、みえすぎたりとか、作りすぎるとこんなに情景は浮かんで来ない。
音楽くらいの感覚を刺激する、教えすぎないものが、わたしはベストなんじゃないかと思った。クラッシックはだから、きっと永遠に聞かれ続けるのね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中